1232741_m.jpg

​腕・ひじ周辺の症状

首から手には橈骨神経、正中神経、尺骨神経の3本の神経が通っています。それらが頚椎、鎖骨近辺、ひじ、手関節で圧迫された場合に動かしにくさやしびれが出現します。

ひじは上腕骨、橈骨、尺骨で構成されています。それを筋肉、靭帯、関節包で支えているのです。

​ひじの痛みは骨、軟骨、筋肉、靭帯、関節包と肘の内側を走る尺骨神経の損傷や炎症で起こります。

症状の例

腕の痛みやしびれ

ひじの痛み

ひじの引っかかり

関節を動かすと痛い

関節の腫れ

代表的な疾患

変形性肘関節症

肘内障

関節リウマチ

​肘部管症候群

テニス肘、野球肘、リトルリーグショルダー

上腕骨外側上顆炎、上腕骨顆上骨折

​頚椎圧迫骨折、上腕骨近位端骨折

野球肘、テニス肘

成長期の肘障害

​肘内側側副靭帯損傷