_DSC6981.jpg

​スポーツ障害・外傷

​sport injury

スポーツによって引き起こされる疾患は、主にスポーツ障害とスポーツ外傷に分けることができます。

ただし、実際には負荷が繰り返されることによって組織が弱まり、わずかな外力で症状が生じることもあるため、厳密にスポーツ障害とスポーツ外傷を区別できないこともあります。

125981_test.png

スポーツ障害について

スポーツによって関節、靭帯、腱や骨などに繰り返し負荷がかかることによって引き起こされる慢性の障害のことを指し、オーバーユースと言われることもあります。

スポーツ選手でなくてもジョギングや筋力トレーニングなど運動をしている方は、スポーツ障害を起こしている場合もあります。

また、中高生など成長期の場合は骨や関節が構造的に成人よりも弱く、より障害を生じやすいのです。保護者や指導者の方もわずかな痛みや変化を見逃さないよう、スポーツ障害を予防していきましょう。きちんとウォームアップをし、柔軟性を高めること、適度な運動量や個人個人の体格に応じた練習、クールダウンをしっかり行うことなどが重要です。

スポーツ障害は、正しい治療やリハビリ等を行わないと悪化してしまうこともあります。ちょっとした痛みを我慢しているうちに症状が進行し、後々大きな障害となってしまうこともあります。決して無理はせず、痛みや違和感、フォームの乱れ等ある場合は早めに受診してください。

代表的な疾患

肩の疾患

反復性肩関節脱臼

野球肩、リトルリーガーズショルダー

肩鎖関節損傷

肩腱板損傷

インピンジメント症候群

膝の疾患

オスグッド病

膝前十字靭帯損傷

靭帯炎

膝蓋骨脱臼

膝半月板損傷

ジャンパー膝(ジャンパーズニー)

足の疾患

シンスプリント(疲労性骨膜炎)

アキレス腱断裂、アキレス腱炎

足の慢性障害(足底腱膜炎など)

距骨骨軟骨損傷

足関節骨棘障害(フットボーラーズアンクル)

足関節三角骨障害

足関節後方インピンジメント症候群

有痛性外骨障害

ジョーンズ骨折(第5中足骨近位骨幹部疲労骨折含め)

​足関節捻挫(足関節靭帯損傷)

​肉離れ(筋挫傷)

ひじの疾患

野球肘、テニス肘​

成長期の肘障害

肘内側側副靭帯損傷

腰・股関節の疾患

腰椎分離症

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)

股関節インピンジメント

骨盤破裂骨折

仙腸関節障害

疲労骨折
125981_test.png

スポーツ外傷について

スポーツ外傷とは、スポーツ中の一回の衝撃により起こる急性の怪我のことを指します。足首の捻挫(足関節捻挫)や肉離れ、打撲、脱臼、骨折などが挙げられます。この際に痛みや腫れ、熱感、発赤などを伴います。

応急処置

スポーツ外傷の応急処置の基本はRICE処置です。

R:rest 安静

I :ice 冷却

C:compression 圧迫

E:elevation 安静

ただし、下記のような怪我の場合はむやみに動かさず、すぐに救急車や医師を呼びましょう。

意識消失:頭部・頸部・背部の損傷、大量の出血

​ショック:足・膝・ひじ関節の脱臼、骨折を疑う著明な変形、けいれん発作

《ランナーズニー(膝周辺の慢性のスポーツ障害:腸脛靭帯炎)》

 運動で足を使いすぎると、膝周辺のじん帯や腱が損傷したり、じん帯と骨がこすれて炎症を生じることで、痛みを認めます。スポーツの強度や動き方以外に、合わない靴なども関係します。

【症状】

 初期では一定の距離を走った後に膝の外側が痛みますが、ひどい場合だと常に痛みがあったり、運動後の安静時にも痛みが持続することがあります。主に股関節から膝関節に渡ってある腸脛靭帯が炎症して膝の外側が痛みますが(腸脛靭帯炎)、膝のお皿の上下の腱が痛んだり(ジャンパー膝)や内側のじん帯(鵞足炎)が痛むこともあります。

【原因】

 運動による足のオーバーユースで、膝周辺のじん帯や腱が損傷したり、じん帯と骨がこすれて炎症し、痛みが発生します。運動量や負荷以外にも、筋力・柔軟性の低下、偏平足などの足の形、合わない靴など様々な要因があります。

【治療法】

 まずは、痛む部位に負荷がかからないような運動量の調整や安静が必要となります。当院では症状に合わせて、消炎鎮痛薬の内服、物理療法を行い、症状の改善と再発予防を図ります。

《シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)》

 すねの骨の内側が痛む症状です。スポーツで足に負荷がかかることで、すねの骨(脛骨)の骨膜が引っ張られて、炎症を起こすことで発症します。

【症状】

 運動のし始めに脛骨の前方内側にずきずきとした痛みを認めます。運動を続けていると痛みは軽減しますが、ひどい場合には運動後の安静時にも痛みが起こります。また、圧痛や腫れ、熱感を伴う場合もあります。

【原因】

 運動で足に負荷がかかり、足の筋肉が繰り返し引っ張られることで、脛骨の骨膜も引っ張られて炎症を起こしてしまって発症します。また、偏平足などの足の形や足を支える筋肉の筋力・柔軟性の低下、合わない靴など様々なことが要因になりえます。

【治療法】

 まずは、痛む部位に負荷がかからないような運動量の調整が必要となります。当院では、症状に合わせて消炎鎮痛薬の内服、物理療法を行い、症状の改善と再発予防を図ります。

《足関節捻挫(足関節靭帯損傷)》

 足首の捻挫は、内側に捻ることで生じることが多いです。捻ることで、足関節の外側、内側のじん帯が損傷したり、切れたりすると、くるぶしの下あたりに痛みや腫れを認めます。スポーツ障害でも多い疾患です。

【症状】

 足関節の外側、くるぶしの下から前あたりに、痛み、腫れ、熱感を認めます。受傷した箇所を押しても痛みます。運動時はもちろんのこと、安静時にも痛むことがあります。じん帯が軽く伸びた場合、一部が切れた場合、完全に切れた場合とに分けられます。また、骨折が伴うこともあります。

【原因】

 スポーツのほかに、歩行時につまづいたり、階段や段差を踏みはずして足首を捻ることで、足のじん帯が損傷されて症状が生じます。足首には複数のじん帯がありますが、特に「前距腓じん帯」という、外側のくるぶしの下から前にかけてあるじん帯が受傷することが多いです。

【治療法】

 基本的には、安静、アイシング、圧迫(装具、弾性包帯、ギプスによる固定)、挙上(足を心臓より高くする)の処置を取ります。また、症状の状態に合わせて、消炎鎮痛薬の内服、物理療法も行います。完全にじん帯が切れて、不安定さが強い場合には手術が必要になることがあります。その際には適切な病院へご紹介いたします。

《肉離れ(筋挫傷)》

 スポーツをしている時に、筋肉に強い力が加わることで、筋肉や筋肉をつつむ膜、腱が部分的に損傷・断裂してしまった状態です。動くと受傷部に痛みを感じ、負荷が強くなると痛みも増強します。

【症状】

 スポーツ時だけではなく、症状によっては歩いたり、日常の動きでも強い痛みを認める場合があります。圧痛があり、ひどい場合には切れた筋肉がへこんで触ってわかることもありあます。特に太ももやふくらはぎに多く発症します。

【原因】

 筋肉が強く収縮したり、過度に伸ばされることで、耐え切れずに筋肉・筋膜・腱が部分的に切れてしまうことで症状を認めます。完全に切れてしまった場合は、「筋断裂」と言います。

【治療法】

 重症度により、安静、固定、消炎鎮痛薬の内服を行い、症状の改善と再発予防を図ります。筋が完全に断裂した場合には、手術療法の検討が必要になります。手術が必要と判断された場合には、その際には適切な病院へご紹介いたします。手術になるのは極めてまれです。

《野球肘》

 少年団や部活などで、ボールを投げすぎることで、投球動作時やその後に肘が痛くなります。

【症状】

 投球時や投球後に肘に痛みを感じます。肘の動きが悪くなることもあります。肘の安静によって、痛みは消えることもありますが、重症化した場合には手術の適応となる場合があります。レントゲンなどでしっかり検査を行うことが大切です。

【原因】

 野球肘には内側の障害と外側の障害があります。内側は筋肉や腱、靭帯に引っ張られることにより、腱や靭帯、軟骨に痛みが生じます。外側は骨同士がぶつかることで、骨や軟骨が損傷し痛みが出ます。

【治療法】

 保存療法と手術療法があります。保存療法では、安静、消炎鎮痛剤の服用、物理療法などを行います。保存療法のみで症状の改善が難しい場合には、外側型には手術療法が必要になる場合もあります。その際には、当院と連携のある手術が可能な病院への紹介状を作成することができます。内側型は手術の必要はなく、ほとんどが保存療法のみで改善します。

《テニス肘》

 テニスをする人に生じやすいため「テニス肘」と言われますが、一般的には加齢や過度な使用により、肘の外側が炎症して痛みが出現します。

【症状】

 ものをつかんで持ち上げる動作やタオル・雑巾を絞る動作、ドアノブやペットボトルのキャップをひねるなど手首を使う動作の際に、肘の外側から前腕にかけて痛みが出てきます。多くの場合、何もしていない安静時には痛みは起こりにくいです。

【原因】

 テニスでは主にバックハンドの動きが外側の症状の原因なります。一方、フォアハンドが原因で肘の内側に痛みが出る上腕骨内側上顆炎であることもあります。一般的には加齢や手の使い過ぎで肘に負担がかかることで生じます。

【治療法】

 保存療法と手術療法があります。保存療法では、消炎鎮痛薬の服用、局所麻酔薬・ステロイドの注射、物理療法などを行います。保存療法のみで症状の改善が難しい場合には、手術療法が必要になる場合もあります。その際には、当院と連携のある手術が可能な病院への紹介状を作成することができます。手術になるのは極めてまれです。

《腰椎分離症》

 繰り返されるスポーツでの負荷や腰をひねる動きによって、腰の腰椎の後ろの椎弓にひびが入り、腰痛を引き起こします(腰椎の椎弓の疲労骨折)。スポーツを行う10代以降の男性に多くみられます。

【症状】

 腰痛、お尻や太ももの痛み、足のしびれなどが生じます。腰を反らしたり、前かがみになったりすると痛みが強くなります。初期治療をおろそかにすると、分離した骨がくっつかなくなる場合もあります。

【原因】

 多くは身体がやわらかい中学生~高校生の時に、スポーツなどでジャンプや腰をひねる動きを繰り返すことで、腰椎の後ろの椎弓部分にひびが入り、それが分離してしまいます。また腰椎分離症が原因で、腰椎すべり症を発症する場合もあります。

【治療法】

 保存療法と手術療法があります。初期の治療がおろそかになると骨がつかなくなることがあるため、発症初期から適切な治療を行うことが望ましいです。保存療法では、コルセット等の装具療法、消炎鎮痛薬の内服、物理療法などを行います。強い痛みやしびれを認め、手術療法が必要な場合には、適切な病院にご紹介致します。

《疲労骨折》

 骨に繰り返し負荷がかかることで、骨にひびが入ったり、それが進行して骨折に至った状態のことを言います。運動をしていると、受傷した部位に痛みが生じます。スポーツの強度や動き方以外に、合わない靴などの要因が考えられます。

【症状】

 明らかな怪我の覚えがないにも関わらず、運動時に痛みを感じます。安静時には痛みは軽快しますが、症状が強い場合には、運動後にも痛みが続く場合もあります。好発部位は、足の甲やすねが多いです。

【原因】

 一度の強い力がかかることで生じる通常の骨折とは違い、骨に繰り返し力が加わることで、骨にひびが入ったり、それが進行して骨折に至ります。特に激しいトレーニングを行っている学生や社会人に多く発症します。

【治療法】

 骨折部位の安静と負担がかからない生活で症状の改善を図ります。また、症状に合わせて消炎鎮痛薬の内服、ギプス固定、物理療法も行います。