3257931_m_.jpg

​股関節周辺の症状

股関節は骨盤(寛骨臼)と大腿骨骨頭とで構成されています。​股関節の痛みは骨、軟骨、筋肉、靭帯、関節包の変形、炎症、損傷によって引き起こされます。

症状の例

股関節近辺の痛み

ももの付け根やお尻の横の痛み

膝が常に重く感じる

歩くとき左右に身体が揺れる

段差や階段が上がりづらい

正座やしゃがむことができない

あぐらがかけない

靴下を履きにくい

衣服の丈が左右でずれている

代表的な疾患

変形性股関節症

大腿骨頭壊死症

坐骨神経痛

鼠径ヘルニア、​腰椎椎間板ヘルニア

ペルテス病

大腿骨すべり症

単純性股関節炎

​後天性股関節脱臼

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)

股関節インピンジメント

骨盤破裂骨折

​仙腸関節障害