_DSC6970_.jpg

その他の治療など

​《ロコモティブシンドローム》

ロコモティブシンドロームとは運動器(骨、関節、筋肉、神経)の障害により、将来的に介護を必要とする可能性が高い状態であることを言います。

骨や筋肉は適度な運動や生活活動で刺激を与え、しっかりと栄養を摂ることにより、強く丈夫に維持されます。平均寿命がのびたことによって、若い頃から定期的に運動をするなど、運動器が衰えにくい生活習慣を心がけることが大切です。そのため、全世代の人に注意が必要です。

下記の項目が当てはまる方は要注意です

  • 片脚立ちで靴下がはけない

  • 家の中でつまずいたりすべったりする

  • 階段を上がるのに手すりが必要

  • やや重い家事が困難

  • 2kg程度(1リットルの牛乳パック2本/日程度)の買い物を持ち帰るのが困難

  • 15分ほど続けて歩くことができない

  • 横断歩道を青信号で渡り切れない

 

運動習慣のない生活では、運動器は徐々に衰えていきます。また痩せすぎは身体を支える骨や筋肉がどんどん弱っていきます。肥満は腰や膝の関節に大きな負担がかかります。

​いつまでも自分の足で歩いていくために、運動器を長持ちさせ、ロコモティブシンドロームを予防していきましょう。

新井整形外科ではロコモティブシンドロームのチェックをし、指導を行なっています。気になる方はお気軽にご相談ください。

《ワクチン接種》

肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン接種は予約制です。お気軽にお問い合わせください。