1476230_m.jpg

​首周辺の症状

首は7つの頚椎で構成されています。頚椎の中を脊髄神経が通り、肩、上腕、手に行く神経が出ています。それを椎間板、関節、靭帯、筋肉で支えているのです。

​神経が椎間板や骨で圧迫されたり、骨、軟骨、椎間板、関節、靭帯、筋肉が損傷されたりすると痛みが生じます。

症状の例

首を動かせない

痛みやこり・しびれがある

首がまわらない

動かすと背中や肩・腕が痛む

痛みやしびれで手が使いにくい

つま先立ちができなくなった

代表的な疾患

頚椎症、変形性頚椎症、頚椎症性神経根症

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎後靭帯骨化症

頸肩腕症候群

頸髄症

頸部捻挫(鞭打ち)

​寝違い

《頸椎椎間板ヘルニア》

 「ヘルニア」とは「飛び出る、突出する」という意味です。頚椎椎間板ヘルニアとは首の頚椎の骨と骨の間にある「椎間板」が飛び出していると言う事です。椎間板は本来クッションの役割を果たしますが、一部椎間板が飛び出ることで、脊髄や神経根を圧迫して症状が現れます。

【症状】

 首・肩・腕に痛みやしびれなどがみられます。手での細かい動きに支障が出たり、手に力が入りにくくなることもあります。

【原因】

 椎間板の加齢による変化、仕事・スポーツで強い力が加わることで起きます。また、悪い姿勢での動きが原因になることもあります。

【治療法】

 主に保存療法と手術療法があります。保存療法では、消炎鎮痛剤などの薬の服用、神経ブロック注射、物理療法などを行います。さらに姿勢や筋力、柔軟性を向上させる体操、ストレッチにlより、症状の軽減や再発予防を図ります。

保存療法のみで症状の改善が難しい場合には、手術療法が必要になる場合もあります。その際には、当院と連携のある手術が可能な病院へ紹介します。

《頸椎症性神経根症》

 首の頚椎の骨や関節が変形し、神経根が圧迫や刺激されることで症状が起こります。

【症状】

 首・肩・腕にしびれや痛み、感覚が鈍くなることなどが生じます。筋力が低下することもあります。

【原因】

 加齢による椎間板の変性や悪い姿勢で動くことが原因になります。

【治療法】

 保存療法と手術療法があります。保存療法では、消炎鎮痛薬の内服や神経ブロック注射、物理療法などを行います。頸椎カラーを処方することもあります。

保存療法によって症状の改善が見込めない場合や強い痛み・しびれで仕事や日常生活に支障をきたす際には、手術療法が必要な場合があります。当院と連携のある手術ができる病院へ紹介することができます。